明細

HubSpotでは、明細は製品のサブセットと見なすことができます。製品は取引に添付されると、明細になります。個別の見積もり上に作成した明細は製品ライブラリーには追加されません。明細エンドポイントを使用することにより、明細データを管理したり、HubSpotと他のシステムとの間で同期したりできます。

明細は、会社、コンタクト、取引、チケット、製品、見積もりと同様にHubSpot CRMのオブジェクトです。オブジェクトのプロパティー、関連付け、関係性などの詳細は、HubSpotの「CRMについて」のガイドをご覧ください。HubSpotレコードタイプの詳細については、HubSpotのレコードガイドをご活用ください。

使用例:自社の在庫管理を改善したいとします。これを行うには、明細エンドポイントを使用して営業担当者が特定の製品を取引に追加する頻度を確認できます。この情報は、在庫管理モデルへの情報提供に役立ちます。

明細のプロパティー

明細の詳細は、既定のプロパティーおよびカスタムプロパティーに保存されます。カスタムプロパティーは特殊な情報の格納に使用し、CRMオブジェクトプロパティーのエンドポイント経由で管理できます。

更新の確認(推奨)

HubSpotでは新機能の提供に伴い、既定のプロパティーのアップデートを行うことがあります。また、ユーザー自身がカスタムプロパティーに変更を加える場合もあります。明細との連携を行っている場合は、オブジェクトプロパティーのエンドポイントを使用してアップデートを定期的に確認することをお勧めします。

明細と他のオブジェクトの間の関連付け

明細は取引にのみ関連付けることができ、その関連付けはCRMの関連付けエンドポイントを使用して管理します。 

HubSpotにおけるオブジェクト間の関係については、こちらの図(英語)を確認してください。

これは最初のタブです