チケット

HubSpotのチケットは、顧客からのサポート依頼を表します。チケットエンドポイントを使用することにより、チケットデータを管理したり、HubSpotと他のシステムとの間で同期したりできます。 

チケットは、会社、コンタクト、取引、明細、製品、見積もりと同様にHubSpot CRMのオブジェクトです。オブジェクトのプロパティー、関連付け、関係性などの詳細は、HubSpotの「CRMオブジェクトについて」のガイドをご覧ください。HubSpotレコードタイプの詳細については、HubSpotのレコードガイドをご活用ください。

使用例:チケットエンドポイントを使用すると、外部のチケット管理システムからHubSpotにチケット情報をインポートできます。マーケティングチームや営業チームにこの情報を共有すれば、対応中のサポート案件に配慮した施策や活動が可能になります。

重複削除

HubSpotでのチケットレコードの重複削除については、こちらを参照してください。

チケットのプロパティー

チケットの詳細は、既定のプロパティーおよびカスタムプロパティーに保存されます。カスタムプロパティーは特殊な情報の格納に使用し、CRMオブジェクトプロパティーのエンドポイント経由で管理できます。

必須プロパティー

新しいチケットを作成する際には、hs_pipeline_stageプロパティーを設定する必要があります。

更新の確認(推奨)

HubSpotでは新機能の提供に伴い、既定のプロパティーのアップデートを行うことがあります。また、ユーザー自身がカスタムプロパティーに変更を加える場合もあります。チケットとの連携を行っている場合は、オブジェクトプロパティーのエンドポイントを通じてアップデートを定期的に確認することをお勧めします。

チケットと他のオブジェクトの間の関連付け

チケットは、コンタクト、会社、取引、またはエンゲージメントに関連付けることができます。関連付けは、CRMの関連付けエンドポイントを使用して管理できます。

HubSpotにおけるオブジェクト間の関係については、こちらの図(英語)を確認してください。