取引

HubSpotの取引は、営業チームがコンタクトまたは会社との間で進めているトランザクションを表します。パイプラインステージ上で成約または失注になるまでの間、トラッキングが行われます。取引エンドポイントを使用することにより、取引データを管理したり、HubSpotと他のシステムとの間で同期したりできます。 

取引は、会社、コンタクト、チケット、明細、製品、見積もりと同様にHubSpot CRMのオブジェクトです。オブジェクトのプロパティー、関連付け、関係性などの詳細は、HubSpotの「CRMについて」のガイドをご覧ください。HubSpotレコードタイプの詳細については、HubSpotのレコードガイドをご活用ください。

使用例:小売企業で、HubSpotに加えてもう1つのCRMの両方を使用しているとします。事業開発部門は、ロイヤルティープログラム加入済みのコンタクトがトランザクションを行った際のリード判定にHubSpotを使用します。取引エンドポイント経由でHubSpotの情報をもう1つのCRMに同期することにより、有望なリードのデータを営業チームに展開します。 

その他に、取引の成約時に、プロジェクト管理システム上にクライアントを作成したり、サードパーティープラットフォーム上の高度な収益レポートを実行したりする使用例が考えられます。

重複削除

HubSpotでの取引レコードの重複削除については、こちらのナレッジベース記事を参照してください。

取引のプロパティー

取引の詳細は、既定のプロパティーおよびカスタムプロパティーに保存されます。カスタムプロパティーは特殊な情報の格納に使用し、CRMオブジェクトプロパティーのエンドポイント経由で管理できます。

取引を作成するための必須プロパティー

取引の作成時には dealstage プロパティーが必須です。また、パイプラインプロパティーも、特に複数のパイプラインをアカウント上で使用している場合は常に指定してください(ただし、必須ではありません)。指定がない場合、既定のパイプラインが使用されます。取引の作成に関する詳細は、こちら(英語)をご覧ください。

更新の確認(推奨)

HubSpotでは新機能の提供に伴い、既定のプロパティーのアップデートを行うことがあります。また、ユーザー自身がカスタムプロパティーに変更を加える場合もあります。取引との連携を行っている場合は、オブジェクトプロパティーのエンドポイントを通じてアップデートを定期的に確認することをお勧めします。

取引と他のオブジェクトの間の関連付け

取引は、コンタクト、会社、エンゲージメント、明細、およびチケットに関連付けることができます。コンタクトや会社との間には1対多の関係があることに注意してください。関連付けは、CRMの関連付けエンドポイントを使用して管理できます。

HubSpotにおけるオブジェクト間の関係については、こちらの図(英語)を確認してください。