コンタクト

HubSpotでは、個人に関する情報がコンタクトに保存されます。マーケティングオートメーションからスマートコンテンツに至るまで、コンタクトレコード上のリードに関するデータは、HubSpotのさまざまな機能を活用する際に役立ちます。コンタクトエンドポイントを使用することにより、コンタクトデータを管理したり、HubSpotと他のシステムとの間で同期したりできます。

コンタクトは、会社、取引、チケット、明細、製品、見積もりと同様にHubSpot CRMのオブジェクトです。オブジェクトのプロパティー、関連付け、関係性などの詳細は、HubSpotの「CRMについて」のガイドをご覧ください。HubSpotレコードタイプの詳細については、HubSpotのレコードガイドをご活用ください。

使用例:HubSpotと、別のソフトウェアシステムも使用しているとします。システム間で正確なコンタクト情報を維持する必要がありますが、手作業での更新に時間を費やしたくはありません。コンタクトエンドポイントを使用することにより、2つのシステムを連携し、コンタクト情報を同期することができます。 

制限

コンタクトレコードにはいくつかの制限があり、コンタクトエンドポイントでのテストに影響する場合もあります。詳細については、コンタクトとフォームの制限を参照してください。

一括処理の制限

作成、更新、アーカイブの一括処理は、対象を10件までに制限してください。

重複削除

HubSpotのコンタクトはEメールアドレスに基づいて識別されます。エンドポイントによってEメールアドレスの重複が自動的に削除されるため、HubSpot上のデータはクリーンな状態に保たれます。詳しくはこちらをご覧ください。

コンタクトのプロパティー

コンタクトの詳細は、コンタクトのプロパティーに保存されます。既定のプロパティーに加えて、カスタム コンタクト プロパティーを作成することによってカスタムデータを保存できます。管理は、CRMオブジェクトプロパティーのエンドポイント経由で行うことができます。

ライフサイクルステージの更新

(更新された取引ステージを反映するために)APIを通じてコンタクトを顧客へと転換する場合、 lifecyclestage プロパティーの値を「顧客」に設定する必要があります。

更新の確認(推奨)

HubSpotでは新機能の提供に伴い、既定のプロパティーのアップデートを行うことがあります。また、ユーザー自身がカスタムプロパティーに変更を加える場合もあります。コンタクトとの連携を行っている場合は、オブジェクトプロパティーのエンドポイントを通じてアップデートを定期的に確認することをお勧めします。

コンタクトと他のオブジェクトの間の関連付け

コンタクトは、会社、取引、エンゲージメント、およびチケットに関連付けることができます。オブジェクトの関連付けはCRMの関連付けエンドポイントを使用して管理できます。

HubSpotにおけるオブジェクト間の関係については、こちらの図(英語)を確認してください。