コンタクト

HubSpotでは、個人に関する情報がコンタクトに保存されます。マーケティングオートメーションからスマートコンテンツに至るまで、コンタクトレコード上のリードに関するデータは、HubSpotのさまざまな機能を活用する際に役立ちます。コンタクトエンドポイントを使用することにより、コンタクトデータを管理したり、HubSpotと他のシステムとの間で同期したりできます。

コンタクトは、会社、取引、チケット、商品項目、製品、見積もり、カスタムオブジェクトと同様にHubSpot CRMのオブジェクトです。オブジェクトのプロパティー、関連付け、関係性などの詳細は、HubSpotの「CRMについて」のガイドをご覧ください。HubSpotレコードタイプの詳細については、HubSpotのレコードの使い方ガイドをご活用ください。

使用例:HubSpotと同時に別のソフトウェアシステムも使用している場合、両方のシステム間で正確なコンタクト情報を維持する必要があります。しかし、手作業での更新に時間を費やしたくはありません。そのような場合、コンタクトエンドポイントを使用すれば、2つのシステムを連携し、コンタクト情報を同期することができます。 

制限

コンタクトレコードにはいくつかの制限があり、コンタクトエンドポイントでのテストに影響する場合もあります。詳細については、コンタクトとフォームの制限をご参照ください。

作成、更新、アーカイブの一括処理は、対象が10件までに制限されています。

固有IDと重複の削除

HubSpotのコンタクトはEメールアドレスに基づいて一意に識別されます。既存のコンタクトの場合、コンタクトIDも固有であるため、コンタクトの重複が削除されます。APIからコンタクトを更新するには、コンタクトIDまたはコンタクトのEメールのいずれかを使用できます。

システム上の制限により、idPropertyクエリーパラメーターは[エンドポイント]タブに表示されませんが、emailのみのコンタクトに使用できます。Eメールアドレスを固有のIDとして使用するには、idPropertyemailとして設定し、コンタクトIDの代わりにEメールアドレスを入力します。入力の際には要求本文への追加ではなく、クエリーパラメーターとして設定する必要があります。

コンタクトプロパティー

コンタクトの詳細は、コンタクトプロパティーに保存されます。既定のプロパティーに加えて、カスタム コンタクト プロパティーを作成することによってカスタムデータを保存できます。管理は、CRMオブジェクトプロパティーのエンドポイント経由で行うことができます。

ライフサイクルステージ

API経由でコンタクトのライフサイクルステージを変更する場合は、lifecyclestageの値をライフサイクルステージの内部名に設定します。内部IDは、ライフサイクルステージのプロパティーをAPI経由で取得した場合にも返されます。

既定のステージの内部名はテキスト値であり、ステージのラベルsubscribermarketingqualifiedleadなど)を編集しても変更されません。カスタムステージの内部名は数値です。ステージの内部IDは、ライフサイクルステージ設定で確認することができます。

更新の確認

HubSpotでは新機能の提供に伴い、既定のプロパティーのアップデートを行うことがあります。また、ユーザー自身がカスタムプロパティーに変更を加える場合もあります。コンタクトとの連携を行っている場合は、オブジェクトプロパティーのエンドポイントを通じてアップデートを定期的に確認することをお勧めします。

コンタクトと他のオブジェクトの間の関連付け

コンタクトは、会社、取引、エンゲージメント、チケット、およびカスタムオブジェクトに関連付けることができます。オブジェクトの関連付けはCRMの関連付けエンドポイントを使用して管理できます。

HubSpotにおけるオブジェクト間の関係については、「CRMについて」ページの「オブジェクトの関係性」のセクションを確認してください。

:これらのコンタクトエンドポイントに返されるarchivedAtの値は、特定のオブジェクトの最終変更日を表します。今後この値にオブジェクトの実際の削除日時が反映されるようになった際には、変更ログ(英語)と本ドキュメントを更新します。


参考になりましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。