会社 

HubSpotでは、会社オブジェクトは標準のCRMオブジェクトです。1つひとつの会社レコードでは、さまざまな会社プロパティーに企業や組織に関する情報を保存できます。会社エンドポイントを使用することにより、会社データを管理したり、HubSpotと他のシステムとの間で同期したりできます。 

例えば、外部の支払いシステムと共にHubSpotを自社のCRMとして使用するとします。ある会社の支払いが滞っているため、HubSpotでその会社レコードを更新して支払いステータスを反映させたいとします。このデータを自動的に同期するには、会社APIエンドポイントを使用して2つのシステム間の連携を行います。その上で最新の情報に基づいて例えば、HubSpot上でマーケティングコミュニケーションを中断したり、営業担当者に通知したりすることができます。 

オブジェクトのプロパティー、関連付け、関係性などの詳細は、HubSpotの「CRMについて」のガイドをご覧ください。HubSpotのレコードタイプとその使い方の詳細は、HubSpotのナレッジベースにあるレコードガイドをご覧ください。 

重複削除

APIを使用して会社を管理する場合、会社IDは固有IDとして重複削除に使用されます。レコードの重複削除の詳細は、HubSpotのナレッジベースをご覧ください。

会社のプロパティー

会社の詳細は、既定のプロパティーおよびカスタムプロパティーに保存されます。このようなプロパティーは、HubSpotアカウント上で、またはCRMオブジェクト プロパティー エンドポイントを使用して、管理することができます。会社が複数のドメインを所有している場合は、hs_additional_domainsフィールドに各ドメインをセミコロンで区切って指定することにより、API経由でドメインを追加できます。例:

"hs_additional_domains" : "domain.com; domain2.com; domain3.com"

会社での複数ドメインの使用についての詳細は、HubSpotのナレッジベースをご覧ください。

HubSpotでは新機能の提供に伴い、既定のプロパティーを変更することがあります。また、ユーザー自身がカスタムプロパティーを追加または変更する場合もあります。会社との連携を行っている場合は、プロパティーエンドポイントを通じて変更点を定期的に確認することをお勧めします。

会社と他のレコードの間の関連付け

会社は、コンタクト、取引、エンゲージメント、チケット、およびカスタム オブジェクト レコードに関連付けることができます。また、親子関係にある会社を関連付けることもできます。関連付けは、CRM関連付けエンドポイントを使用して管理できます。

会社には、コンタクト、取引、チケット、およびカスタムオブジェクトとの間に1対多の関係があります。したがって、複数のコンタクト、チケット、取引が1つの会社に関連付けられることがあります。一方、1つのコンタクト、チケット、取引との関連付けが可能な会社は1つだけです。会社に関連付けられたコンタクトまたは取引は、HubSpot上に会社レコード上の関連項目として表示されます。 

HubSpotにおけるオブジェクト間の関係については、CRMについて」ガイドの「オブジェクトの関係性」セクションにある図を確認してください。


参考になりましたか? *
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。