テストアカウント

テストアカウントの目的は?

テストアカウントは、HubSpotの実データに影響を与えることなく連携をテストするために使用できます。テストアカウントではHubSpot Marketing、Sales、Service HubのEnterpriseバージョンへのアクセス権が付与されるため、HubSpotのさまざまなツールとAPIをテストすることができます。

テストアカウントの作成方法は?

テストアカウントは、開発者アカウント上で作成と管理を行います開発者アカウントをお持ちでない場合は、こちらでご登録いただけます。開発者アカウントにつき最大10件のテストアカウントを作成できます。

1-dev_landing_dash

開発者アカウントのホームページで、[テストアカウントを作成]をクリックします。 

上部ナビゲーションの[テスト]のリンクを使用することもできます。テストダッシュボードが表示されたら、[テストアカウントを作成]というオレンジ色のボタンをクリックします。このページには、既存のテストアカウント、有効期限の日付、接続されたアプリも表示されます。テストアカウントを作成したら、連携をインストールすることができます。

2-test_account_list

有効期限と更新

テストアカウントは90日後に有効期限が切れます。更新には、次の2つの方法があります。

  • 開発者アカウントのテストダッシュボードに移動し、更新するテストアカウントの行にカーソルを置きます。[更新]ボタンをクリックします(上記を参照)。これにより、アカウント期限の90日がリセットされます。元の有効期限日から最大90日後へとアカウントを更新できます。
  • テストアカウントをOAuthアクセストークンを使用して認証した場合、アカウントに対するAPI呼び出しによってアカウントが自動的に更新されます。
    • これが適用されるのは、更新するテストアカウントと同じ開発者アカウントのアプリから生成されたOAuthトークンを使用して行われたAPIリクエストのみです。
    • テストアカウントの有効期限日までの30日以内にリクエストが行われる必要があります。
    • APIキーを使用したAPIリクエストや、30日の期間外に行われたOAuthリクエストでは、テストアカウントは自動更新されません。

関連ドキュメント

OAuthの利用

開発者ツールとアカウント

アプリの作成とインストール